• フリーランスは楽な働き方ではありません

    サラリーマンなら、自分のスキルだけで自由に働くフリーランスと言う働き方に憧れを抱く事があるでしょう。どこかの企業に属するのではなく、案件毎に個別に契約して仕事を行うスタイルも格好良く、また何より自由でノマド的な働き方ができる点が、こうした憧れになっているのでしょう。
    確かに時間に縛られ、時として社畜と揶揄されるような働き方のサラリーマンにとって、自由に働け、場合によってはサラリーマンより稼げる可能性を秘めているフリーランスに憧れる事があるのは十分理解できます。しかし、格好良く見えるフリーランスも、そんなに気楽なものではないのです。


    サラリーマンなら与えられた仕事をこなせば、月々の給与は保証されていますが、いくらスキルが高くても、フリーランスはまず仕事を確保できなければ収入を得られない厳しさがあるのです。



    仕事を確保するいくつかのチャネルを持ち、月々ある程度仕事をもらえるクライアントが確保できなければ、収入が安定せずに焦りを感じる事も多いものです。



    若くて独身なら、こうした収入の不安定さも、夢があれば乗りきれるでしょうが、家庭を持っていれば、やはりそんな訳にもいかず、収入を安定して確保する事が最も大変なのです。
    また、仕事を確保でき、収入面では安定しても、税金や社会保険など、サラリーマンなら会社の総務経由で済ませる事が出来た事項も、自分で仕業の人にお願いして処理する事も必要となり、こうした本業以外の事にも労力が必要となります。個人事業者でもあるフリーランスは、夢はあっても、現実的には見た目以上に大変な働き方なのです。